最近の投稿

Archive for 8月, 2014

自動車整備士の職場について

2011年以降自動車関連企業は比較的活況な企業が多いです。
自動車製造業の場合、自動車の組み立てから販売までをビジネスとしています。
部品点数が数万点で、組み立てられている自動車は、構成する各々の部品がサプライヤー企業によって生産されます。
ボディー、エンジン、電気系統、足回りとそのほかにも、多くの部品で1台が造られていますが、常に進化する自動車は、いつまでも同じものを使用するわけではなく、サプライヤーは研究や開発を繰り返しています。
景気が悪くなれば、受注数が減り、企業の業績悪化にもつながります。
最悪の場合、取引打ち切りなどもあり、リストラとなることもあります。
これら関連企業の就職先では契約社員も多いです。
一方、ディーラー系整備士などの場合、即戦力となります。
全体で見て整備士の給与はそれほど高くはありません。
そのため数年で整備から営業に転身する人も多いです。
営業は決して楽ではありませんが、サプライヤー企業とは違って完成品をエンドユーザーに販売することが仕事であるため、重要でありこの仕事があってこそその他の仕事が成り立ちます。
販売がない状態では戦略も立たないため、販売拠点であるディーラーの営業や整備士の仕事がそれだけ重要であるのです。

資格申請の時に必要な書類一覧

自動車関連の資格は大きく分けて3つです。1つ目は中古車販売をする際に必要な古物商の資格です。古物商は自動車販売店で取得する場合も多いのですが、個人で売買を担当する場合には取得が必要です。古物の資格は市町村で取得することになりますが、住民票と手数料のみで取得できることが多いようです。2つめは自動車整備士の資格です。自動車整備士は、エンジンの種類によってランクが決まっていますが、ランクは実務経験が必要となりますので実務経験の証明書と身分証明書等のコピーで試験を受けられます。また、同じエンジンでも実務経験や試験によってランクが決まっており、上位ランクは取得がとても難しい試験となっています。また、車検を管理できる資格もありますが、整備士の資格としては最上位の資格となっています。3つ目は自動車任意保険の斡旋資格です。自動車の任意保険の斡旋資格は各保険会社で資格として認定していることが多く、講義と試験によって取得できることが多いようです。保険の斡旋資格は各保険毎に資格が分かれており、必要な実務経験年数が異なっており、また、講義を受ける必要時間も異なります。
各種資格にはランクがありますが、ランクごとに必要書類が変わってくることが多いため、適切に用意することが重要です。

実務試験が免除されるのケース

自動車に関連する資格では、検定試験で学科試験と実務試験の両方が課され、両方に合格しなければ資格を取得できないものもあります。しかし、このような資格の中では、学科試験や実務試験の受験が免除される仕組みが設けられていることもしばしばあります。
最も身近な例は、運転免許でしょう。運転免許を取得する場合は、公安委員会が指定した自動車教習所に入所し、卒業検定に合格すれば、運転免許試験の実務試験が免除され、学科試験に合格するだけで運転免許が取得できます。実務試験が免除されるこの仕組みは、運転免許取得の際に指定自動車教習所に通う者が多い理由の一つにもなっています。
また、自動車整備士の資格にも実務試験免除の仕組みがあります。自動車整備士の資格を取得するためには、国土交通省実施の技能検定試験に合格しなければなりません。しかし、指定した養成施設で所定の養成課程を修了すれば、自動車整備士技能登録試験の実務試験の受験が免除され、さらに実務試験免除申請を行うことで、技能検定試験の実務試験の受験も免除されます。この仕組みを利用した場合は技能登録試験の学科試験に合格し、技能検定試験の学科試験の免除を申請することで、技能検定試験の学科・実務の両方の試験に合格したとみなされ、資格を取得することができます。

自動車整備士を目指す養成施設とは

自動車整備士になるためには、国土交通省が実施している技能検定試験に合格しなければなりません。しかし、自動車整備士を目指す人の多くは、国土交通大臣が認可した養成施設に通って一定の期間勉強し、そのあと自動車整備技能登録試験を受験して資格を取得しています。登録試験に合格した場合は国が実施している技能検定試験の一部または全部の免除の申請をすることができる仕組みになっており、実質的には登録試験に合格すれば自動車整備士の資格を取得することができるからです。
国土交通大臣認可の自動車整備士養成のための施設には、大きく分けて一種と二種があります。一種の施設は、自動車整備の実務経験が無い者を対象としており、指定されている施設には自動車大学校や専修学校、専門学校などが多いです。ここでは取得を目指している自動車整備士の等級に応じて、1~3年以上の修業年限の中で整備士になるにあたって必要な知識や技術を学びます。二種の施設は、自動車整備の実務経験者を対象としており、各都道府県の自動車整備振興会が設置している技術講習所がこれに該当します。ここでは等級に応じて6ヶ月から1年6ヶ月以内の修業年限の中で知識や技術を学んでいきます。
一種、二種どちらの施設に入っても、養成課程を修了すると、修了した課程に対応する登録試験の実技試験が免除され、学科試験を合格すれば自動車整備士になることができます。

国土交通省の講習と試験

国土交通省の講習と試験は年間を通じて確定しています。民間の試験と違い国土交通省管轄の試験は毎年年度初めには確定し、全国で行われます。国土交通省管轄の試験は各種ありますが、通常は国の講習施設を利用することになりますが、一部民間の講習設備を利用して行われることもあるようです。講習日は数ヶ月前に申込むことが必要で、講習料の支払期日も厳密に守られているので忘れずに申込むことが必要です。また、試験日についても講習とセットで年度初めには確定しているので自分のスケジュールと合わせて申し込みが必要です。国土交通省管轄の試験では身分証明書が必要となることが多く、試験日にも身分証明書による本人確認が行われることが多いようです。身分証目書は自動免許証で問題ありませんが、メガネ等を利用している場合など、写真と違う場合には多少確認に手間取ることがあるようです。国土交通省の講習会では実践講習よりは座学での講習が多く、実務講習は各専門学校で行われることもあります。講習会実施会場と試験会場は一般的に異なりますが、さらに、試験実施場所が県外であったり、全国でも数少ない場合も少なくないので試験会場の確認も事前に行うことが重要です

種類ごとの試験受験の資格

自動車の資格は様々です。
自動車整備士、自動車検査員、運行管理者、中古の自動車査定士など、色々あります。
自動車整備士とは自動車の整備をする専門の技術者で、
受験資格は、
1級(学科試験(筆記試験と口述試験)+実技試験)
・2級整備士取得後0~3年以上経過
・国土交通省指定の1級自動車整備士養成過程修了者
2級
・3級合格後、3年以上の実務を経験した者
・大学、高校などの指定学科を修了し3級合格後、1年半以上の実務を経験した者など
3級
・15歳以降、1年以上の実務を経験した者
・大学、高校などの3級課程で指定学科を修了した者などです。
自動車の点検や整備後に、タイヤ交換を進める整備士の方が多いですが
大抵の場合、安いタイヤを買う方が多いです。
今は、インターネットが普及していて、安いタイヤはネットで探せばいくらでも出てきます。
ですが、安いタイヤと高いタイヤには違いがあります。
安いタイヤの場合、使用状況などで違いは出ますが、
劣化のスピードが早く、「まだ溝はあるんだけどヒビが出来てしまう」など、高いタイヤより危険性が高いと言われています。
なので、長期使用には適していないと言えます。
タイヤと路面の接地面積は、とても薄く「はがき数枚分」と言われているのです。
このはがき数枚で車の重量を支え、走りながら方向進路を決め、止まっているのですから、タイヤ選びは慎重に行いましょう。

自動車整備士登録試験に受かるために必要なこと

現在の生活に必要な車の運転には、安全にかつ公害防止のため、国の認証工場で整備がされた車両ではないと公道の運転ができません。自動車整備には、一般社団法人日本自動車整備振興連合会が実施している「自動車整備技能登録試験」というものを受験する必要があります。試験には学科と実技試験があり、その中でも1級2級3級及び特殊整備士の試験と分かれています。この試験に合格すると、それに対応する国土交通省の行う検定試験が免除され合格証書が交付され、自動車整備士となれるわけです。各種専門学校に通う事で、該当する級の受験資格が与えられる場合もあります。
さて、無事に整備士の資格を取得したとしても自動車への熱意や新しいスキルを求める探求心、新たなテクノロジーに興味を持って学ぶ向上心、お客様が求めている不具合箇所の修理内容を説明できる知識がないといけません。それには、社会人として必要とされるコミニュケーション能力も必要となってきますので、整備だけできれば良いという考え方だと、すぐに壁に当たってしまう事になりかねません。技術と向上心、コミニュケーション能力と、社会人であれば当たり前とされる能力が試されます。自動車整備士になるという夢を抱いて、それに向かって必要な知識をまず身につけましょう。

業務独占資格・名称独占資格・必置資格を取るのに必要なこと

日本の資格は国家資格、公的資格、民間資格などに大別されますが、国家資格の中には更に特殊な資格とそうではない資格に大別できます。ここで言う特殊な資格というのは、弁護士や医師、一級建築士のように、資格を有する者のみがその業務を行うことができることを法令で規定している「業務独占資格」と、気象予報士や調理師のように、資格を有する者以外が資格の名称を名乗ることや、ある資格の名称に類似した資格の名称を使用することを法律で禁止している「名称独占資格」、食品衛生管理者や自動車整備士などのように、事業を行う際に事業所に所定の人数以上の資格保有者を必ず置くことを法律で義務付けている「必置資格」の3つです。
これら特殊な資格の殆どは、専門的技術と専門的知識の両面が優れていることが求められ、特に業務独占規定のある資格では国家試験の難易度も高い上に合格率が低い、狭き門となっていることもしばしばです。このような資格を取得するためには、通常の認定資格を取得するとき以上に時間をかけて勉強する必要があります。また、これら特殊な国家資格は、一度取得すると生涯にわたってその業務に従事していける場合が多いです。そのため、勉強内容においても、単なる知識の詰め込みではなく、業務において幅広く応用が可能なレベルにまで定着していなければなりません。

自動車整備士の内容について

自動車整備士は、自動車整備士国家試験に合格した者のことで、自動車分解整備事業を行う工場で自動車の分解や組み立て、修理などの業務を行う者のことを指します。自動車分解整備事業を行う工場には、自動車整備士を所定の人数置くことが法律で義務付けられています。
ひとことで自動車整備士といっても、自動車整備士の資格は等級分けされており、同じ等級の中でも整備可能な車両・部品によって分けられています。具体的にはまず、自動車整備士は一級、二級、三級の3つの等級に分けられており、合格すれば一つ上の等級を受験できるようになっているのが基本です。三級自動車整備士はさらにシャーシ、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、二輪自動車と4つに区分されており、合格すれば対応する車両や部品のメンテナンス業務に従事することができます。上位の等級についても同様です。二級自動車整備士もガソリン自動車、ディーゼル自動車、シャーシ、二輪自動車の4つに区分されています。一級自動車整備士の場合は、大型自動車、小型自動車、二輪自動車の3つに区分されています。
また、これとは別に特殊整備士という区分もあり、車のタイヤや電気装置、車体の整備業務に従事するには、対応した特殊整備士の資格を受験して合格しなければなりません。
このように、自動車整備士の資格の種類はたくさんあり、資格保有者の多くは複数保有していることも珍しくありません。