最近の投稿

Archive for 9月, 2015

エアクリーナーの交換方法のコツ

自動車のエンジンには、エアクリーナーというものが取り付けられています。エアフィルターやエアエレメントとも呼ばれるこの部品は、外部の空気を吸い込み、きれいにして吐き出すという働きをします。自動車の走行中には、砂やほこりなどたくさんのゴミであふれています。これらのゴミがエンジンに入ると、場合によってはエンジンが停止してしまいます。ゴミがエンジンに入るのを防いで、きれいな空気を送ることがエアクリーナーの役割です。


このエアクリーナーが詰まってしまうと、当然エンジンに送られる空気は少なくなります。そうすると、エンジンのパワーや燃費が低下するだけでなく、有毒ガスが排出されるなどの弊害が出てきます。エアクリーナーはかなり寿命が長く、特に新車の場合はある程度詰まってしまっても、エンジンに悪影響を与えないと言われています。自動車メーカーでは、4万キロから6万キロ走行したところで交換を勧めてきますので、それに従うと良いでしょう。自分で替える場合は、ボックスのフックを手で外し、中のフィルターを取り出します。新しいフィルターを装着する際、ボックスにゴミが残っている場合がありますので、きれいに取り除きます。再びふたを閉めると完了です。

エアクリーナーの寿命と走る環境の関係

自動車のエンジンはガソリン等を燃焼させるために、空気が必要です。エアクリーナーとは、エンジンに取り入れる前の空気から、塵、砂、ごみなどを取り除く装置です。長く使っていると、不純物により目詰まり等を起こし、エアクリーナーの性能が落ち、空気の取入れがうまくいかず、エンジンの性能を落としたりエンジン本体を傷めたりします。


エアクリーナーの寿命は使用期間が関係しますが、取り入れる空気の質、すなわち走る地域の環境が大きく影響します。舗装していない土ぼこりが舞う地域を走る場合は、意外と早く劣化します。また他車の排気ガスの影響を受ける町の中の走行や、海岸の砂の多い地帯の走行は、エアクリーナーの機能を早く低下させます。最近はPM2.5や黄砂の影響も無視できません。通常、エアクリーナーの交換は定期点検時や、車検前の整備の時に行われますが、環境の悪い地域を走ることの多いドライバーは、自ら申し出て、早めの交換を心がけることが、車の性能を保ち長持ちさせることにつながります。また、エンジンの調子がおかしくなったり、急に燃費が悪くなってきたら、エアクリーナーの汚れを疑ってみる必要があります。いずれにしても、人間ばかりでなく、車にとっても環境は大事のようです。

エアクリーナーの働き

エアクリーナーは車が走るために必要なエンジン内での燃焼のための酸素を取り入れています。エンジンはガソリンや軽油に酸素を混ぜて圧縮して使います。酸素は空気の中にありますから、空気からゴミを取り出すフィルターがないとゴミまで燃やすことになり、燃焼効率に問題が生じます。また、雨の日など水がそのまま入ってしまっても燃焼効率が悪くなります。


クリーナーはさまざまな悪条件からエンジンを守っている役割を持ちます。車によってクリーナーの中にあるフィルタが異なる場合があります。それは、燃焼効率のよい車ほどフィルタの目を細かくしていることが多いです。そのため、社外品のクリーナーに変えるだけでエンジンの出力が上がったり、スムーズな運転ができる場合も多いようです。そのため、クリーナーについては定期的な交換が推奨されています。ただし、一般的には交換されることはほぼないようです。中古で車を購入する際はクリーナーの交換時期等も確認するとよいです。交換してある場合は整備手帳に書かれていることが多いようです。クリーナーの中には専用の薬剤が用意されており、定期的に塗ることで集塵性を増す製品もありますので説明書を確認しておくと効率的に使えます。

簡単にできる交換方法のコツ

バッテリーの状態が弱っているとライトの明るさなどに影響します。そのため、バッテリーを点検するポイントして、走行中に点灯しているヘッドライトの明るさと停車した際の明るさやエアコンなどを操作した際のライトの明るさなどがいつもよりも暗いと感じた場合には早めの対策が必要です。そして、バッテリーの交換は必要な工具などを用意すれば自分で簡単に行うことができますが、固定されている金具などを外すために必要な工具は車種によって違いがあります。


そのため、バッテリーを交換する際にはまず車種に応じた工具を確認することが必要です。そして、バッテリーの交換方法では難しい作業などはあまりありませんが、取付けや取り外す順番を間違えてしまうとトラブルになってしまう恐れがありますので、プラスとマイナスの順番を覚えておくことが自分で交換する際のポイントです。そのほかにも、交換するためにバッテリーを外してしまうと時計やカーナビなどの設定やメモリーがリセットされてしまう場合があります。そのため、自分でバッテリーを交換した後は時計やカーナビなどの再設定が必要ですし、場合によってはデーターなどのバックアップを取っておくこともポイントです。

規格の見方と互換性について

クルマのバッテリーには規格があります。特に重要なのがバッテリーとしての基本性能です。バッテリーの容量や出力を示す表記はきちんと決められています。ただし、クルマごとにバッテリーの容量がきちっと決まっているということではありません。バッテリーは互換性があり、クルマが要求する出力さえ満たしていればバッテリーの大きさは問いませんし、出力には通常幅がありますのでそれを考慮すればいくつかのサイズから選択することも可能です。


特に大きさについては車によってさまざまな選択がされています。同じバッテリーでも容量が大きいタイプを使うのはハイブリッドや寒冷地仕様ではよくあります。特にハイブリッドの寒冷地仕様ではバッテリーの容量が足りずに、同じバッテリーを2つ搭載するクルマもあるほどです。バッテリーには寿命があり、5年程度で交換という方も多いようです。その際、カーショップなどで購入する場合にはバッテリーの種類だけではなく、容量についても検討してみると良いです。例えばカーオーディオに力を入れていて、ウーハーや大容量のアンプを搭載しているなら容量が大きほうが安定した動作をすることが多いようです。また、スポーツカーなどは逆に容量を減らして軽量化を図る場合もあります

寿命の見極めポイント

バッテリーがまだ使えるかどうかを見る方法は、テスターを使う方法が一番確実です。
しかし、日頃の運転状況の中でも、ある程度の判断をすることは可能です。
まず、一般的に安心してバッテリーが使える基準は、使用状況にもよりますが2年~5年と言われています。
2年という期間は、メーカーが保証を付けている期間で、通常の使用方法よりも厳しい環境で使っていたとしても、最低でもこの位は大丈夫だろうと提示している期間です。
理想的な使い方をしていたとすれば、2年よりももっと長く使用することが可能です。
理想的な使い方は、毎日20km位運転をしていて、渋滞に巻き込まれることなく常に2~3000回転位を保つような運転をしている場合です。
一方、バッテリーにとって厳しい環境は、近場を運転することが多く、エンジンの使用回転数が少ない状況の場合です。


週1回程度、近所のスーパーに行くときにしか乗ることがないという状況です。
日頃、運転中に寿命を判断する方法で一番簡単なものは、ヘッドライトの明るさで判断することです。
停車中に、普段に比べて暗いと感じた時には、ギアをニュートラルがパーキングに入れて、アクセルを吹かせてエンジンの回転数を2~3000回転に上げてみます。
この方法で明るくなる場合は、バッテリーが弱っている可能性が高いです。
しかし、この方法が使えるのは、ハロゲンタイプのライトを使用している場合です。
HIDタイプのものはハロゲンタイプよりも電力の消費量が少ないので、見極めることが難しいです。
また、ライトをつけっぱなしにしていたり、バッテリーあがりを1度でも起こした場合は著しく弱っていますので、早めの交換が必要です。

交換のタイミングと注意点

カーバッテリーの主な役割は、エンジンを始動する際に、モーターへ電流を流すことと、車内ランプやエアコンなどの、車内機器電源として使われることです。エンジンが停止している際には、すべての電力供給をバッテリーが行っています。
また、最近シェアを延ばしているハイブリッド車では、メインバッテリーとは別に補機バッテリーがあり同様の役割を果たしています。


バッテリーの寿命は大体2年から5年といわれていますが、車の使い方によって異なってきます。近所の買い物のみに使用するなどの、短距離しか使わない車や使用自体が少ない車、夜間走行の多い車などは、寿命が極端に短くなる場合もあります。
バッテリーは寿命が近づくと、いろいろな症状が現れてきますので、普段からその点に注意し、交換のタイミングをはかりましょう。
たとえば、車の始動キーのセルモーターの回転音が鈍くなってきたり、パワーウィンドの動きが遅くなる。或は、ヘッドライトが暗くなったりします。また、バッテリーを見てもらうと、本体が膨らんでいたり、バッテリー液の減りが早かったり、天板に液が漏れている。バッテリー端子付近に粉がふいている。などがあります。
このような兆候を見逃さず、こまめに点検し、バッテリーを換えるように気を付けましょう。

バッテリー液の点検ポイント

自動車の電解液(バッテリー液)は、一般的に希硫酸を使用していますが、使っているうちに電気分解や車内の温度上昇により徐々に減っていきます。
バッテリー(電池)の品質性能や安全に係わる仕事をしている電池工業会では、電解液の液面点検を1ヶ月に1回はするように推奨しています。


バッテリーの液面チェックは非常に簡単ですが、とても見づらいと感じることと思います。
バッテリーには6つの電槽(電解液が溜まる槽)があります。
バッテリー側面には、UPPER LEVEL(最高液面線)とLOWER LEVEL(最低液面線)のラインがあり、電解液がこの2つのラインの中間位にあるのが正常で、少なければバッテリーの破裂などの原因になるので、直ちにバッテリー補充液(電解液)を中間位まで補充する必要があります。
バッテリー容器は透明度が低く、電解液がどこまであるのか見分けにくいです。そのため、車体を揺らすことで、電解液を揺らし見やすくしたり、懐中電灯を用いて容器を透かし、電解液の量を探ります。
メンテナンスフリーバッテリーは、普通のバッテリーと比べ、電解液が蒸発しにくい作りになっているので電解液を補充する必要がありません。
メンテナンスフリーバッテリーにも、UPPER LEVELとLOWER LEVELのラインがあり、電解液がこの2つのラインの中間位にあるのが正常です。
メンテナンスフリーバッテリーは、密閉に近い状態で、電解液の蒸発を抑えているので、電解液が不足している場合は交換する他ありません。

バッテリーの点検ポイントと交換のコツ

バッテリーは自動車の中でも特に大切な部分で、これがないとエンジンをかけることができず、車を動かすことができません。
それゆえに定期的に点検はしておきたいところです。
寿命についても知っておきたいですが、使い方により差はあるものの、2~3年程度とされています。
変化としてはセルモーターの回りが悪くなる、液の減りが早くなっているときなどはそろそろ交換の時期に来ていると言えます。


 

点検方法としてはまずは外観のチェックを行います。本体にヒビが入っていないか、割れていないか、欠けた部分がないかはよくチェックしておきたいですし、液漏れがないか、排気孔にゴミが付着していないか確認しておきましょう。

液の量は側面から確認できますが側面が汚れている場合は濡らした布でふき取りましょう。このとき乾いた布を使うと静電気で引火爆発してしまうおそれもあります。
液が減っていたら補充を行い、キャップもしっかりと締めておきます。
さらに取付金具がゆるんでいないか、ターミナル部分との接続がしっかり行なわれているかも確認しておきましょう。

交換する場合は、ゴム手袋やスパナ、保護眼鏡などを用意しておきます。
ケーブルを外す場合はまずはマイナスから外し、その後プラスも外し、古いものを取り外し、新しいものを設置し、今度は先にプラスケーブルを取り付け、その後にマイナスケーブルを取り付けます。

バッテリーとエアクリーナーを簡単に交換するポイント

車のパーツの一つであるバッテリーを交換するには、手順を確認しておくと効率よく行えます。最初に行うのが、接続されているケーブルを外す作業です。長い間替えていないと錆び付いている場合があるので、ネジを傷めないよう注意しながら外します。次に本体をトレイから外すのですが、この際にもネジで固定されているので、腐食による傷みに注意しながら取り外します。新しい製品を据え付ける際には、設置する向きに注意します。間違った向きで設置してしまうと、ケーブルが届かなくて傷めてしまう他、ショートの原因にもなります。取り付けは取り外しと逆の手順で行います。外す際の位置関係などをメモしておくと間違いを防げます。


 

エアクリーナーも走っているうちに汚れなどで機能が低下するので、定期的に交換しておきたい部品の一つです。エアクリーナーの交換は、エンジンルーム内で場所を見つけるところから始めます。通常はボックス状のものに覆われているので、車の取扱説明書で位置や開け方を確認しておきましょう。場所が分かったなら、後はボックスを開けて新品のものと取り替えるだけです。工程としては簡単で、取り外す前に装着状態を確認しておくと間違いなく替えられます。向きなどが誤っているとボックスが閉じないので、あらためて確認します。