最近の投稿

Archive for 5月, 2016

ディッシュホイールとは

アルミホイールはその時の流行やジャンルによってデザインが決まります。高級車に使われるのが、ディッシュホイールです。ホイールの中心からリムにかけて一枚の円盤のようなデザインです。皿のように見えることで名づけられましたが、同じ大きさのホイールと比べると剛性や強度が高いです。これはアルミの量が多いためで、ホイール1本の重量が大きいです。スポーツカーは軽快な走りを追求するために軽量のホイールを使うのでディッシュホイールは使いません。ディスク面が大きく存在感と重厚感があるので、上品かつ安定感のあるタイプに似合います。ただしディスク面が大きく覆われているために放熱性が悪いという点もあります。放熱性の問題を解決するために、最近は少し穴を開けることで完全な皿にしない傾向があります。一般的なスポークホイールとディッシュホイールの中間的なものが使われていますが、アメリカンバイクに装着されている程度で、主流ではありません。ただしタイヤをドレスアップするアルミホイールは見た目の好みによって選ぶことも多いです。好みが商品選択に影響するパーツなので、性能や適性を度外視して気に入ったデザインのホイールを購入する方法もあります。

スポークホイールとは

スポークホイールは、軽量かつ頑丈でスポーツ走行に適したホイールです。見た目がスタイリッシュで、なおかつ高速走行でも簡単には歪まない強度を持っているのが特徴です。実用性が高いのはもちろん、車の部品の中でも良く目立ち付け替えも簡単に出来るため、スポーツカーの足回りのドレスアップするためのアクセサリーとしても人気があります。
スポークとはタイヤの中央から放射線状に伸びている部分のことで、伸びている本数によって「○本ホイールタイヤ」と呼び分けられます。一般的なのは6本スポークで、見た目のバランスがいいのはもちろん、かかる力の分散にも優れた構造になっています。6本ホイールと並んで人気が高いの5本スポークは、最も見た目が美しいとして、特にファッション性を重視する愛好家に根強い人気を誇ります。他には、多いものでは10本スポークもあります。
また、スポークホイールは基本的には放射状の太い直線で形成されていますが、網目状のメッシュホイールや、極めて細いスポークを複雑にあしらったデザイン性の高いスポークホイールも人気です。こういったタイプは構造が複雑な分綺麗に保つにはこまめな手入れが必要で、個性的な分アクセサリーとしてに取り入れるにもセンスを要求されます。

メッシュホイールとは

ドレスアップとしてアルミホイールを履かせることを行うようなシーンが増えています。以前は新車で自動車を購入した際には、スチール製のホイールを装着させていた自動車が多く存在していましたが、現在では初めからアルミホイールを履かせている車種も増えていることも実情です。しかし、アルミホイールは自動車のイメージを大きく変えることのできる存在としても知られており、後に買い替えを行って、好みのものを購入して履かせている方も増加しています。アルミホイールの種類の中にはメッシュホイールに分類されているものがあります。メッシュホイールとは中央のセンター部分からリム部分へと、放射状で網目のようなデザインに仕上がっているものがメインになり、中には複雑で造形美に優れたデザインのものも多く発表されています。メッシュホイールは有名な自動車レースなどで採用された実績を有しているもので、世界的に有名なアルミホールメーカーからも数々のアイテムが発表されています。国内では高級車向けとして利用されているシーンが目立つようになり、ゴージャスなイメージが残るデザインのホイールとしても知られています。カラーバリエーションも豊富に用意されていて、車体のカラーに合わせて選択することができます。

ドレスアップ効果が高いホイールのデザインについて

マイカーに対して何かしらのドレスアップを施すことを希望している方の場合では、タイヤやアルミホイールを変更することもドレスアップの基本として用いられている方法です。ホイールに関してはマイカーのイメージを変えることに成功できる優れたパーツになり、ドレスアップ効果の高いものを選び出す方法で、イメージチェンジを十分に発揮させることができます。実際に効果の高いもののタイプでは、メッシュやディッシュ、スポークなどそれぞれの種類に分けられていますが、車種によって選択肢が変わることがあり、常にボディ形状やボディのカラーとマッチングさせることが推奨されています。現在ではカラーリングが豊富なものがあり、リム部分などに対して原色カラーを使っているものも人気を得ています。全ての素材を同一のカラーリングで作っているものではなく、ブラックポリッシュのように内側をブラック塗装を施しているものもあり、このタイプでは一定の高級感を作り出すことができます。比較的シンプルなスポークタイプの場合でも、リムの縁の部分までスポークが伸びているタイプもあり、この場合ではホイール自体を大きく見せる効果を発揮させることもでき、十分なドレスアップ効果を得ることができます。

PCDとは

ホイールで表示されているPCDは、Pitch Circle Diameterの略でホイールピッチの事を示し、ホイールを固定する際のボルト穴の中心をサークル状に繋いだ時にできる円の直径をmm単位で表わした数値です。
PCDの規格は、多くの種類があり、国産の場合は100mmや114.3mmが一般的で、この数値はメーカーやモデル毎に定められていて、PCDの値が違ったホイールは、ボルト穴数が同じでも位置が異なるので装着できない構造になっています。
また、両方の穴に対応して100mmと114.3mmの2通りの穴が開いているマルチピッチホイールもあり、ボルト穴の数が通常のホイールより多くあるのが特徴です。
SUVやRVなどでは、139.7mmのPCD値が広く使われていて6穴ホイールが支流で、輸入車の場合はメーカー毎にPCDの値が異なります。
114.3mmの値は、アメリカやイギリスなどのインチサイズを基本としていた数値で、4 1/2インチ=114.3mmとなる事から端数が出る結果となり、4穴のホイールは現在では減少傾向にあり、100mmが支流になってきています。
5穴ホイールは、114.3mmのホイールは支流になっています。

3ピースホイールとは

3ピースホイールとは、最近高級ホイールとして非常に人気のアルミホイールです。その特徴は従来の単調なデザインではなく複雑なデザインと強度を共有できる構造にあります。
3ピースホイールはアウターリム・インナーリム・センターディスクの3つの部品から構成されます。特にデザイン面を左右するセンターディスクが独立していることから、複雑なデザインや造形が可能となるため、見た目にインパクトのあるデザインが可能になりました。
従来の1ピース、2ピースではリムとセンターディスクが一体となっているため、強度や加工面に於いて複雑なものは物理上不可能という欠点がありました。その為アルミホイールのデザインは一般的に単調で、且つ美しさに欠ける点が否めませんでした。複雑な美しいデザインは一部にはありましたが加工が複雑なため非常に高価で、且つ中には強度に問題の有るものも少なくなかったのです。
3ピースホイールは複雑なデザインであっても、各ピースを別々に加工する為その加工が容易なため、比較的安価に製造できる点が魅力です。かつ強度も高い物ができるのでデザインと性能を両立するホイールとして注目を集めています。車のドレスアップのアイテムとして、是非チェックしておきたいものです。

2ピースホイールとは

自動車用のアルミホイールとして販売されている種類には、異なる製法で作られているものがあります。その中には2ピースホイールに分類されているものがあり、現在では一般的に市販されているタイプでは多く用いられている製法としても知られています。2ピースホイールはその名の通りに2つのパーツで構成されていて、リムの部分とディスクの部分に分けて作ることが行われています。2つのパーツは溶接によって接合されることになりますが、中にはピアスボルトによって固定されているものも存在していて、剛性の高いホイールとして利用されています。1ピースなどの場合では比較的低価格で作られているものも多いのですが、2ピースの場合ではデザイン性を豊かにすることができ、自由度の高い作り方を行うことができるメリット、総合的に判断してもコストパフォーマンスに優れた作りに仕上がっていることもメリットです。リム部分とディスク部分との距離がある程度設けられているタイプが多いことも特徴になり、スポークやメッシュ、ディスクタイプなど非常に豊富なアルミホイールのデザインに施すことが可能です。形成上としても大きな手間がかからずに作り上げることができるホイールとして認知されています。

1ピースホイールとは

1ピースホイールとは、全ての部品が一つの金属からできているホイールを指します。一つの金属からできているため非常に丈夫で柔軟性があり、また軽量に出来るため足回りに負担がかからず、微妙なセッティングが影響するレーシングカーなどはこの1ピースホイールを採用するケースが多いのです。また、その成形には切削加工が用いられる為寸法精度が高い物が作れることもメリットです。
1ピースホイールにはその加工の方法から鋳造と鍛造が有ります。鋳造は型に金属を流し込んで作る方法で、比較的簡単に作れる半面、金属の重さに比例して重くなってしまう欠点があります。対して鍛造は金属を叩いて伸ばし加工する、いわゆる鍛冶屋と同じ方法のため、金属の強度を高め、且つ軽量にできるメリットが有る反面、高価になってしまう欠点も有ります。
どちらを選ぶかはその人それぞれの好みに寄りますが、両者の特長を理解して選ぶことが大切です。
なお、1ピースホイールは一つの金属から作るため、全ての部分が強度に大きく影響します。その為2ピースホイールや3ピースホイールと異なり、デザイン面では若干不利になる部分が有ります。シンプルなデザインが1ピースホイールに多いのもこの理由からです。

ホイールの構造について

ホイールの基本的な構造は、ピースごとの特徴があるので、それぞれの特徴や性能を確認するような姿勢が大切です。丈夫さを兼ね備えているような内容を見出せば、モーター駆動式のどのタイプにも充当させることができるようになり、ホイール自体の魅力を余すことなく発揮させる方針も出ていきます。さらに軽量化を図るホイールは、自由に加工や接合ができるようになっていることから、デザイン性に特化した内容を形にする部分が見込めるのです。自動車の部品の中でもいろいろなバリエーションが存在していることから、まずは基本的な概要を知っておく行動が関係者には大切な事柄になるのです。見た目を重視していくような展開を切望するならば、日常で活用できる範囲や汎用性について深く言及してみる姿勢も大事なのです。 ホイールの特徴を隅から隅まで掴むことができれば、形状ごとの特徴や応用の部分を真剣に捉えていくようにする点も見込めるようになります。
以上の事柄を冷静に振り返ることにより、全体的な構造を理解するポイントを的確に掴むことやカーライフをより一層充足させるヒントを自らで得るようにする部分ができるようになっていきます。ゆえに、足回りも重要なのです。

タイヤホイールのデザインと役割について

タイヤホイールのデザインは、大きくわけて4つの種類があります。まずひとつめは、ディッシュと呼ばれるタイプです。ディッシュは、英語で皿を意味するとおり、デザインが皿状になっています。空気抵抗が少なくなりますが、他のタイプに比べると重いため燃費があまりよくないという特徴があります。しかし、頑丈にできています。ふたつめのデザインは、メッシュです。ホイールに高級感を与える役割を与えたいときには、メッシュを選択してください。デザインを通じて、力強さをアピールすることにもつながります。みっつめは、スポークタイプです。スポークタイプは、中央から延伸上にスポークが伸びているタイプでスポーティな印象を与えます。通気性がよいため、タイヤを冷却する役割を果たします。最後にご紹介するのが、フィンタイプです。これはスポークタイプに非常に似ていますが、スポークを細くして、数を増やしたものです。高級感を演出したい場合には、フィンタイプを選ぶとよいでしょう。これらのタイプにはそれぞれの特徴がありますので、好みや自動車の種類にあったタイヤホイールにしてください。もしもどのホイールがいいのか迷った場合には、タイヤ専門店に問い合わせてみることをおすすめします。