最近の投稿

エアクリーナーの交換方法のコツ

自動車のエンジンには、エアクリーナーというものが取り付けられています。エアフィルターやエアエレメントとも呼ばれるこの部品は、外部の空気を吸い込み、きれいにして吐き出すという働きをします。自動車の走行中には、砂やほこりなどたくさんのゴミであふれています。これらのゴミがエンジンに入ると、場合によってはエンジンが停止してしまいます。ゴミがエンジンに入るのを防いで、きれいな空気を送ることがエアクリーナーの役割です。


このエアクリーナーが詰まってしまうと、当然エンジンに送られる空気は少なくなります。そうすると、エンジンのパワーや燃費が低下するだけでなく、有毒ガスが排出されるなどの弊害が出てきます。エアクリーナーはかなり寿命が長く、特に新車の場合はある程度詰まってしまっても、エンジンに悪影響を与えないと言われています。自動車メーカーでは、4万キロから6万キロ走行したところで交換を勧めてきますので、それに従うと良いでしょう。自分で替える場合は、ボックスのフックを手で外し、中のフィルターを取り出します。新しいフィルターを装着する際、ボックスにゴミが残っている場合がありますので、きれいに取り除きます。再びふたを閉めると完了です。

Comments are closed.