最近の投稿

追い越しと行き違いとは

車の免許をとる時には、誰でも覚えたはずなのですが、運転し始めて長い年月が経過すると、いつのまにか忘れてしまう用語や標識もありますね。その中の一つに、「追い越し」と「行き違い」の違いがありますが、この2つはどのように異なるのでしょうか。「追い越し」とは、車が進路を変えて、進行中の車の前方に出ることを言います。つまり、一旦進路を変更し、加速した上で車を追い抜いた後に、再び進路を元に戻すという走行方法です。前の車が自動車を追い越そうとしている時は、二重で追い越すことになるため、追い越しは禁止されています。また、前の車の進路を妨げたり、反対方向から走ってくる車の進路を妨げるような追い越しも同じく禁止されています。これに対して、「行き違い」は道路上で対向車とすれ違うことを言います。対向車とすれ違う時には、あらかじめ安全な間隔をとっておかなければなりません。車のそばに歩行者や自転車などがいる場合は、それらに対しても、安全な距離を保たなければいけません。この時、安全な距離が保てなかったり、障害物がある時は、あらかじめ一時停止か減速・徐行して、対向車を先に行かせることが大切です。また、坂道での行き違いの場合は、上りの坂道発進の方が難しいため、基本的に下りの車が道を譲ることになっています。待避所があれば、下りに関わらず、上りの車でも退避することが先決です。

Comments are closed.