最近の投稿

追い越しの禁止とは

車を運転する時、当然ですが事故を起こさないために定められたルールを守って、運転をしなければいけません。車の追い越しについてですが、してはいけない場所や状況がきちんと定められています。知らないうちにルールを破って違反扱いにならないためにも、禁止されている事柄を覚えておきましょう。まず、追い越しの標識が置かれている場所で、他の車等を追い抜くことはしてはいけません。同様に道路の曲がり角の近くや、上り坂の頂上付近で行うのもだめです。勾配が急な下り坂や、トンネルも危険なのでやってはいけません。トンネルに関しては、車両通行帯がある場合は除きます。そのほか、交差点とその手前30メートル以内は、優先されている通路を通行していない限り行ってはいけません。踏切とその手前30メートルも違反となります。最後に、横断歩道や自動車横断帯とその手前30メートル以内の場所は追い抜きも含めて禁止されています。たくさんの場所が指定されていますが、取り締まられないためにも覚えておくことが大事です。また、追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止についてですが、追い越しをする際に中央線をはみ出さなければ、その行為を行っても構いません。

Comments are closed.