最近の投稿

追い越しと追い抜きの違いとは

免許をとって長い間実際に車を運転している人でも、正確に理解していない用語がいくつかあるものですが、その中の一つに「追い越し」と「追い抜き」の違いがあります。この2つの言葉はよく似ていますが、意味は異なります。「追い越し」とは、車が進路を変更した上で、進行中の車の前方に出ることを言います。進路を変更する際には、車線をはみ出すことになりますので、対向車が来ていないかどうかをしっかり確認することが大切です。また、黄色い線が引かれている追い越し禁止の場所では、追い越しをすることはできません。追い越しは、山道で行う時はさらに注意が必要になります。カーブの連続している道で対向車がよく見えないような場所で追い越しをするのは危険ですので、できる限り避けましょう。これに対して、「追い抜き」は車が進路を変更せずに、進行中の車の前に出ることを言います。例えば、2車線の場合は可能になりますし、高速道路では右側のレーンが追い抜きレーンとされています。どちらの場合も、進行中の車の前に出ることが条件になっているため、止まっている車の横を通り過ぎたり、障害物をよけていくといった場合は、追い越しや追い抜きにあてはまりません。このような場合の走行は側方通過にあたります。

Comments are closed.