最近の投稿

押さえておきたい新車購入見積書の諸費用の内訳

新車を購入する際に見積書の内容を理解することは大変に重要です。車の購入時には車両本体にかかる費用の他にも、販売諸費用と呼ばれる項目で様々な費用が計上されています。見積書については店側の担当者が説明してくれるので、わからない部分があったらその場で質問をして、納得できるまで説明を求めることが重要です。
販売諸費用の中に含まれる費用の内訳を述べると、まず必ず含まれるのが税金と自賠責保険の保険料です。車の購入時には自賠責保険への加入義務と自動車取得税および自動車重量税の納税義務があり、購入車両が登録自動車だった場合には自動車税の納税義務もあります。
税金や保険料以外に販売諸費用として主に含まれるのは、手数料と呼ばれるものです。車を購入すると、車庫証明の取得や検査登録手続きなど、様々な作業を行わなければなりませんが、この作業を販売店側に依頼すると、依頼した作業に応じた手数料が発生します。例えば、検査登録手続きの代行を依頼すると、車両本体費用に検査登録代行手数料や車庫証明手続代行手数料、ナンバープレート代などが上乗せされ、車を自宅まで運んできてもらう場合は納車費用が上乗せされます。また、買い替えによって新型車を手に入れる場合は、それまで乗っていた車両の下取りに関する手続きの代行費用も車両本体費用に上乗せされます。

Comments are closed.