最近の投稿

新車購入時の必要手続きとは

新車を購入する時に必要な手続きは店側に何も要望しない限り、購入先の販売店で行ってくれますが、実際に新型車を購入する場合にはどのような手続きが必要となるのでしょうか。
まず、車を購入する場合は、事前に車を駐車する場所を用意しておかなければなりません。これを行うための手続きは車庫証明と呼ばれ、車を停める場所を管轄する警察署に備え置かれている申請書に必要事項を記入して、窓口に提出することで行います。書類に不備がなければ、自動車保管場所証明書と保管場所標章が交付されるので、証明書は車内に保管し、標章は後面のガラスに貼り付けます。
なぜ車庫証明の取得を先に行わなければならないのかというと、車両の検査登録を行う際に必要書類の一つとなっているからです。新型車を公道上で走行させられるようにするためには、使用の本拠の位置を管轄する運輸支局で車検を受けて、車検証の交付を受ける必要があります。また、車検証が交付される際にはナンバープレートと検査標章も交付されるので、ナンバープレートは車両の前面と後面に取り付けて、検査標章は前面のガラスに貼り付けます。
検査登録の手続きを行う際には、自動車賠償責任保険の加入も行い、自動車取得税、自動車税、自動車重量税の納付も済ませます。ここまでの手続きがすべて終われば、購入した新型車を公道上で走行させられるようになります。

Comments are closed.