最近の投稿

障害物があるときは、障害物のない方の車を先に通しましょう

自動車の運転をしていく上では、いろんな道を通るようになりますので、広い道路ばかりを通るというわけではありません。
行く場所によっては路地裏などの狭い道を利用することがありますので、道を譲り合いながら走行をしなくてはならない場合もあるのです。
細い道だとしても、障害物がある場合があります。
例えば路上駐車をしている自動車があったり、自転車や荷物が置かれている場合もあるからです。
そんな時に対向車が来てしまうと、どちらかが道を譲って通るようにしなくてはなりません。
お互いが譲らずにいると衝突をしてしまう事になりますので、注意しましょう。
自分の方に障害物がある場合には、対向車を優先して通すようにしておくことです。
そうすることでスムーズに走行が出来るようになります。
自分の方に障害物があって、対向車を先に通したのであれば、それで大丈夫というわけではありません。
今度は自分が通るようになりますので、飛び出しがないかを気を付けなくてはならないのです。
障害物があると、誰かがそこから横断してこようとしていたとしてもよく見えません。
もしかすると飛び出しがあるかもしれませんので、出来るだけゆっくりと走行するようにしておきましょう。

Comments are closed.