最近の投稿

種類ごとの試験受験の資格

自動車の資格は様々です。
自動車整備士、自動車検査員、運行管理者、中古の自動車査定士など、色々あります。
自動車整備士とは自動車の整備をする専門の技術者で、
受験資格は、
1級(学科試験(筆記試験と口述試験)+実技試験)
・2級整備士取得後0~3年以上経過
・国土交通省指定の1級自動車整備士養成過程修了者
2級
・3級合格後、3年以上の実務を経験した者
・大学、高校などの指定学科を修了し3級合格後、1年半以上の実務を経験した者など
3級
・15歳以降、1年以上の実務を経験した者
・大学、高校などの3級課程で指定学科を修了した者などです。
自動車の点検や整備後に、タイヤ交換を進める整備士の方が多いですが
大抵の場合、安いタイヤを買う方が多いです。
今は、インターネットが普及していて、安いタイヤはネットで探せばいくらでも出てきます。
ですが、安いタイヤと高いタイヤには違いがあります。
安いタイヤの場合、使用状況などで違いは出ますが、
劣化のスピードが早く、「まだ溝はあるんだけどヒビが出来てしまう」など、高いタイヤより危険性が高いと言われています。
なので、長期使用には適していないと言えます。
タイヤと路面の接地面積は、とても薄く「はがき数枚分」と言われているのです。
このはがき数枚で車の重量を支え、走りながら方向進路を決め、止まっているのですから、タイヤ選びは慎重に行いましょう。

Comments are closed.