最近の投稿

自動車整備士の内容について

自動車整備士は、自動車整備士国家試験に合格した者のことで、自動車分解整備事業を行う工場で自動車の分解や組み立て、修理などの業務を行う者のことを指します。自動車分解整備事業を行う工場には、自動車整備士を所定の人数置くことが法律で義務付けられています。
ひとことで自動車整備士といっても、自動車整備士の資格は等級分けされており、同じ等級の中でも整備可能な車両・部品によって分けられています。具体的にはまず、自動車整備士は一級、二級、三級の3つの等級に分けられており、合格すれば一つ上の等級を受験できるようになっているのが基本です。三級自動車整備士はさらにシャーシ、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、二輪自動車と4つに区分されており、合格すれば対応する車両や部品のメンテナンス業務に従事することができます。上位の等級についても同様です。二級自動車整備士もガソリン自動車、ディーゼル自動車、シャーシ、二輪自動車の4つに区分されています。一級自動車整備士の場合は、大型自動車、小型自動車、二輪自動車の3つに区分されています。
また、これとは別に特殊整備士という区分もあり、車のタイヤや電気装置、車体の整備業務に従事するには、対応した特殊整備士の資格を受験して合格しなければなりません。
このように、自動車整備士の資格の種類はたくさんあり、資格保有者の多くは複数保有していることも珍しくありません。

Comments are closed.