最近の投稿

自動車整備士登録試験に受かるために必要なこと

現在の生活に必要な車の運転には、安全にかつ公害防止のため、国の認証工場で整備がされた車両ではないと公道の運転ができません。自動車整備には、一般社団法人日本自動車整備振興連合会が実施している「自動車整備技能登録試験」というものを受験する必要があります。試験には学科と実技試験があり、その中でも1級2級3級及び特殊整備士の試験と分かれています。この試験に合格すると、それに対応する国土交通省の行う検定試験が免除され合格証書が交付され、自動車整備士となれるわけです。各種専門学校に通う事で、該当する級の受験資格が与えられる場合もあります。
さて、無事に整備士の資格を取得したとしても自動車への熱意や新しいスキルを求める探求心、新たなテクノロジーに興味を持って学ぶ向上心、お客様が求めている不具合箇所の修理内容を説明できる知識がないといけません。それには、社会人として必要とされるコミニュケーション能力も必要となってきますので、整備だけできれば良いという考え方だと、すぐに壁に当たってしまう事になりかねません。技術と向上心、コミニュケーション能力と、社会人であれば当たり前とされる能力が試されます。自動車整備士になるという夢を抱いて、それに向かって必要な知識をまず身につけましょう。

Comments are closed.