最近の投稿

自動車整備士を目指す養成施設とは

自動車整備士になるためには、国土交通省が実施している技能検定試験に合格しなければなりません。しかし、自動車整備士を目指す人の多くは、国土交通大臣が認可した養成施設に通って一定の期間勉強し、そのあと自動車整備技能登録試験を受験して資格を取得しています。登録試験に合格した場合は国が実施している技能検定試験の一部または全部の免除の申請をすることができる仕組みになっており、実質的には登録試験に合格すれば自動車整備士の資格を取得することができるからです。
国土交通大臣認可の自動車整備士養成のための施設には、大きく分けて一種と二種があります。一種の施設は、自動車整備の実務経験が無い者を対象としており、指定されている施設には自動車大学校や専修学校、専門学校などが多いです。ここでは取得を目指している自動車整備士の等級に応じて、1~3年以上の修業年限の中で整備士になるにあたって必要な知識や技術を学びます。二種の施設は、自動車整備の実務経験者を対象としており、各都道府県の自動車整備振興会が設置している技術講習所がこれに該当します。ここでは等級に応じて6ヶ月から1年6ヶ月以内の修業年限の中で知識や技術を学んでいきます。
一種、二種どちらの施設に入っても、養成課程を修了すると、修了した課程に対応する登録試験の実技試験が免除され、学科試験を合格すれば自動車整備士になることができます。

Comments are closed.