最近の投稿

実務試験が免除されるのケース

自動車に関連する資格では、検定試験で学科試験と実務試験の両方が課され、両方に合格しなければ資格を取得できないものもあります。しかし、このような資格の中では、学科試験や実務試験の受験が免除される仕組みが設けられていることもしばしばあります。
最も身近な例は、運転免許でしょう。運転免許を取得する場合は、公安委員会が指定した自動車教習所に入所し、卒業検定に合格すれば、運転免許試験の実務試験が免除され、学科試験に合格するだけで運転免許が取得できます。実務試験が免除されるこの仕組みは、運転免許取得の際に指定自動車教習所に通う者が多い理由の一つにもなっています。
また、自動車整備士の資格にも実務試験免除の仕組みがあります。自動車整備士の資格を取得するためには、国土交通省実施の技能検定試験に合格しなければなりません。しかし、指定した養成施設で所定の養成課程を修了すれば、自動車整備士技能登録試験の実務試験の受験が免除され、さらに実務試験免除申請を行うことで、技能検定試験の実務試験の受験も免除されます。この仕組みを利用した場合は技能登録試験の学科試験に合格し、技能検定試験の学科試験の免除を申請することで、技能検定試験の学科・実務の両方の試験に合格したとみなされ、資格を取得することができます。

Comments are closed.